着物の仕立て屋さん

 

マイブログ

Blog

ウールの着物

Posted on November 11, 2019 at 10:22 PM Comments comments (0)

ウールのアンサンブル用の

反物から

着物をお仕立てさせて頂きました。

羽織の要尺は残ります。

その昔、和裁を始めた頃に

自分用にウールのアンサンブルを

仕立てた事を思い出しました。

ちょっと昔過ぎて

その頃の
仕立てを見るのは怖いです・・・。



お仕立てさせて頂いたお着物は

落ち着いた色合いで

暖かみのある雰囲気でした。


ウールの着物は

お手入れ簡単で、

気軽に着用できて

とてもいいです。


ありがとうございました。






絽単衣着物

Posted on November 11, 2019 at 9:56 PM Comments comments (93)

川越祭りも終わり

地域のもろもろの行事も

一息ついて来たように感じます。

気が付けば11月・・。

今年も残り少なくなってきました。


長襦袢と同時に

絽の単衣の着物も

お仕立てさせて頂きました。



長年お手持ちだった

反物が、世代を経て

着物の形になって良かったです。


市松の模様の中に色々な柄があり、

落ち着いた雰囲気の

素敵なお着物でした。


ありがとうございました。





長襦袢

Posted on November 11, 2019 at 8:42 PM Comments comments (145)


夏向きの長襦袢



採寸させて頂いて

洗える着物と同時に

ハイテクミシン仕立てにされました。


お稽古に着用される事も

多くなる予定と事。







化繊や、洗える着物などの場合


気軽にお手入れできるので


とてもいいと思います。



浴衣

Posted on October 19, 2019 at 7:44 PM Comments comments (0)
いつからブログの更新をしていなかったのか・・・

季節はもう秋に・・・

お仕立てさせて頂いた浴衣、夏に間に合うようにお仕立てさせて頂きました。








仕立て上がり→検針器にかける→押し→仕上げ→丁寧に畳む→たとう紙に入れる→検針器にかける

という
仕立て上がってからの一連の作業に気を取られ、ついつい写真に残す事を

忘れてしまうのですが、お届け直前にぎりぎり思い出して、写真に残させて頂きました。

他のお客様からご紹介頂いて、今回のご縁につながって・・
とても嬉しく、感謝しております。

踊りの先生から頂いたという反物。

お仕立てして、着て頂けるようになって良かったです。

ありがとうございました。


三才四つ身被布と被布飾り 見本

Posted on August 3, 2017 at 10:27 PM Comments comments (201)


七五三の準備の時期ですね。

「三才四つ身の被布」

大人の道行コートを

洗い張りして

仕立て直すご依頼が

ありましたので

見本の被布を作りました。


                                                      
既製品は

上の写真のように

全体に綿をいれて

肩揚げのみで

裾に揚げが無い

仕立て方が多いのですが


成長を願う意味合いもあり

本来は裾に揚げをして

仕立てます。

好みや生地の有無

柄との関係もありますし

最近は揚げをしてある
                                                                   

被布を見ることも

あまりないので

揚げをする仕立ては

出番がないのですが・・・。

どちらが良いでしょうか?



揚げをした被布は

全体に綿をいれるのではなく

まったく入れないか

衿と裾と袖空きの所に

入れると少しふっくらして

可愛らしいと思います。



供生地で被布飾りの

ご依頼もありましたので

被布飾りを

試作していたのですが

楽しくなり色々作って

しまいました。


100均の材料や


家にあった端切れを利用して

・・・。


中に着る着物との色合いの

兼ね合いや

好みになりますが、

何か気に入って頂ける

被布飾りが作れたらなぁ・・・

と思います。

普通に組み紐でできた

被布飾りも

付ける事が出来ます。

組み紐の


被布飾り

2000円以内で

購入出来ますし

そちらも

とても華やかで

可愛らしいと

思います。


























七五三 七歳 祝着 

Posted on July 19, 2017 at 12:17 PM Comments comments (0)
                                                             
                       
七歳祝着の
お仕立てをさせて頂きました。

着用するお子様の

伯母様が数十年前に

七五三に着用後
十三参りに着用したであろう
サイズで仕立てあがっていました。

揚げではどうにもならない
大きさでしたので

洗い張りしてからの
お仕立てです                               肩揚
                                   腰上げをして

                                    付け紐をつけました。
                                着付けの時に腰紐を締めて
                                 着付けると柄が 
                                  良く出て写真映えする
                                ので、腰揚げをしない事も
                                  多いそうですが・・・。

                                お母様が着せる事もある

                                との事で、腰揚もしました。

上前の腰揚げの衿の位置がず

れてるように見えますが・・・

写真のせいです・・・。

上前は衽の幅が違うので

衽にひだを取って幅をそろえて

つまんで揚げをします。

洗い張り後にも

生地を裁ち落としていないので

仕立て直して後々

十三参りに着用する事も出来ます。

裾には真綿を入れました。

真綿、一枚を広げて伸ばして

同じ綿でくるくると

くるんで細長くします。

フェルトで
出来上がっている

裾芯もありますが・・・

裾と袖口に入れました。

袖は丸めず、

広げて開いたそのままの綿を、

含ませます。

比較画像がないのですが、

フェルト綿は元気いっぱい

                              真綿は優しいっくふっくらさがあると

思います。

長襦袢は半衿を付けて

袖・身丈・裄と、揚げをしました。

次の記事の5歳の祝着のお子様とご兄弟

5歳・七歳・と、二人一緒に

七五三を行う事が出来て、

いいですね(^^♪

着物の生地がとてもしっかりした

生地で、柄には刺繍が施され

たお着物。

十三参りに又使用する事も

出来ますし、次世代に受け継ぐ

事も出来るのが、着物の良さだ                              

だなぁ・・・と、改めて思いました。

Posted on May 11, 2017 at 9:56 PM Comments comments (0)


名古屋帯から

半幅帯にお仕立てさせて頂きました

細かくかがる事3m以上・・・

出来上がりました。

踊りのお稽古に、簡単に

締められるようにとの事での

ご依頼でした。

ありがとうございました。



半幅帯、便利です、そして、

簡単に作る事が出来ました。

小鳥の帯は、柄が可愛くて
ネットで初めて買ったのですが
(居内商店さんで)

小鳥の帯を見ながら、紫の帯を作りました。
木綿の洋服地で、長さがないので、途中にハギが入りました。

柔らかい生地だったので、
生地の裏に少し厚めの接着芯を
貼りました。

出番を作らないと((^^;)・・・。
                                                                        



単衣 薄物

Posted on May 11, 2017 at 8:55 PM Comments comments (98)
絽の単衣着物のお仕立てを

させて頂きました。

画像では薄くなっていますが

浅葱色なのでしょうか

とても涼し気な色合いで

これからの季節に

ぴったり。


先にある予定や季節に合わせて

着るものを誂える・・

丁寧に暮らすというのは

こういう事なのかなと・・。


お仕立てをさせて頂きながら

季節を先取りして

感じる事が出来て

楽しいです。

ありがとうございました。








洗い張りからの訪問着

Posted on April 13, 2017 at 12:25 AM Comments comments (102)
洗い張りされた
訪問着を、お仕立てさせていただきました。

歴史を感じる生地でした

裄いっぱい
丈いっぱい

何十年前の生地なのでしょうか・・・

時代を経た生地は
柔らかくて
着心地が良さそうです。

ありがとうございました。

一つ紋付色無地

Posted on April 11, 2017 at 3:01 AM Comments comments (0)
一つ紋付の色無地のお仕立て
をさせて頂きました。

色無地の反物に紋を入れる
所からのご注文でした。

(紋は仕立てあがったお着物でも
反物の状態からでも
入れる事が出来ます)

とても上品で綺麗なうすいピンクの桜色のお着物

地紋が桜の柄でした。

紋合わせはいつでも緊張です。

一緒に長襦袢のお仕立てもさせて頂きました。

背縫いの所に衣紋抜きの
ご依頼もありました。

市販のものもあり、
そちらを付ける事も出来ますが

簡単に
作ることが出来るので

ご希望があれば
サービスで
付けさせて頂いております。
(自作で良ければではありますが・・)

今回、ご自身の初めてのお着物のお誂えに、HPを見てご連絡を
頂き、とても嬉しかったです。

着物の仕立てに対する印象が
良くも悪くも私で決まってしまうかも・・・と緊張でもありましたが・・。

メールをチェックする事を忘れてしまう、私の所に、
お電話下さっただけでも、嬉しくて感謝なのですが、仕立て上がりを喜んで頂けた事が、なによりの感謝です。

ありがとうございました。